掃除のしやすい部屋づくり

掃除のしやすい部屋にしようと思ったら

掃除のしやすい部屋にしようと思ったら、とにかく物を床に置かないことが大切だと思います。掃除機をかけようと思っても、床に物が置いてあると、まずその物をどけることから始めなければならず、時間と労力が余計にかかってしまうと思うからです。

私の場合、床に物が散らかっていると、それだけでやる気を失ってしまい「まあいいや」といった気分になり、散らかったままにしがちになるので、収納ケースを上手に使い、「使ったら片づける」を習慣づけるよう頑張っています。
子供たちにも、常に「おもちゃで遊んだ後はきちんと片づける」ということを言っているのですが、こちらはなかなかうまくいきません。なので、大きい蓋付きの入れ物を用意し、とりあえずその中に全部おもちゃを入れさせています。蓋がついていれば、ほこりもかぶらないし、「蓋が閉まらなくなったらおもちゃを少し処分して数を減らそう」と、子供たちにも教えています。
極力物を減らして、シンプルな部屋にすることが1番掃除しやすいと思うのですが、子供がいるとなかなか難しいので、物の収納場所を決めて「とにかくしまう」という事が大切だと思います。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017掃除のしやすい部屋づくり.All rights reserved.